第二十一章 申込手続き

月が明け、とうとう申込開始日となった。登録期間には十数件の登録が入ったようだが、幸い3階の希望の部屋について、誰もいなかった。

 申込については登録と何が違うのかよく理解していなかった。少し細かい用紙が渡されて、これに記入が終わると、他の人に優先し、住宅購入の権利があるという。

 前回と違うのは部屋が一つしか書けないこと、そして契約の手続きの詳細を決めていくという事の2点だった。

 契約に関してはどのような事を決めるのか。

①契約日時

②手付金の振り込み額、振り込み期限

③契約予定者 頭金(残金部分の予定)の額

④引き渡しまでの流れについて

⑤ローンの内容(事前審査後〜最後まで)の説明

おおよそこのような内容になる。建物の内容や権利関係の事は契約前に

重要事項説明といい、大事な説明の時間があり、契約日の最初にやるという

事だった。2時間前後かかるという事で、かなりの量があることが伺える。

隆達は、契約関連の内容をこのように決めた。

契約日は来週の土曜 10時からで、手付金は200万円を金曜までに振り込む。

ペアローンにして、知子は幾分かの持ち分を持つ(頭金はほとんど知子の貯金

である)

 智子からの質問にいくつか答えてもらった。

・両親からの援助があるかもしれないが、変更はきくか。

ーOKよくあること。ローンの金額が減り、残代金が増える。

・重要事項説明は予め見ておかないといけないのか?

ー分かりやすく説明するので大丈夫。興味があれば目を通してもらえれば。

 50分くらいで終了した。本申込(銀行の2ステップ目)をここで案内される

事もあるようだが、竣工引き渡しまで余裕があるので、そこは後回しに。

来週の契約会は実質3時間ほどかかるようなので、どうなることやら。

でも近い将来、一緒に住む近隣さんと一緒に説明を聞くのは、小学校の

クラス替えの時みたいにワクワクするものだ。

 ようやく新しい家に住めることが確実に近づき、湧き上がる喜びが

出てきた。

続く。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください